ムダ毛とおさらば!永久脱毛にチャレンジするコツ

2017年7月28日 / By :

永久脱毛の定義を知ろう

手足や両わきのムダ毛を綺麗に処理するのは、女性必須の美容ケアと言っても過言ではありません。ですが、常に綺麗にしておくには頻繁に処理する必要があります。そのため、肌の赤みや腫れ、埋没毛などの肌トラブルが起こりやすくなるので注意が必要です。肌トラブルを抑えつつ、面倒なムダ毛の自己処理を楽にするなら、エステサロンや美容クリニックで脱毛をするのがおすすめです。けれど、脱毛をしたからと言って、一生ムダ毛の自己処理が不要になるというわけではありません。永久脱毛という言葉がありますが、これにはきちんとした定義があります。米国電気脱毛協会が定めたもので、脱毛施術を行って一カ月後のムダ毛の再生率が20%以下の状態を言います。つまり、永久脱毛でも20%の毛が生える可能性があるのです。

レーザーでの脱毛は永久脱毛に近い

脱毛方法には美容クリニックで受けることができるレーザー脱毛の他に、エステサロンのフラッシュ脱毛があります。この二つの脱毛方法は、それぞれ特徴が大きく違ってきます。レーザー脱毛は、肌にレーザーを照射してムダ毛を処理していきます。これは医療行為にあたるため、医師のいる施設で施術するように決められています。それに対し、フラッシュ脱毛は誰でも施術できるのが特徴です。レーザー脱毛は施術時の痛みが強いというデメリットがありますが、その分、ムダ毛に対して大きなダメージを与えることができます。再生率を大幅に減らすことができるので、永久脱毛に近い仕上がりになるのが魅力です。一方のフラッシュ脱毛は、肌に負担をかけずに脱毛したい人におすすめです。

全身脱毛を行うと肌がすべすべになりとても綺麗になります。さらに、次回の無駄毛処理の時間の短縮にもなります。